2005年 04月 12日 ( 3 )

2005/04/08(fri) 花見だ。③

花より団子。
とにかくよく食べる総帥、そしてよく飲むパーマたち。

「せっかくの花見じゃないか、もう少し純粋に花をを楽しまないか?」

そりゃそうだ。
しばし酒とつまみを楽しんだ我らは、本格的に花見を楽しむことにする。

c0016388_23491573.jpg


今年の鼻はとても大振りで美しい・・・・・。


「感動だ!」 「ステキね!」 「立派だねぇ!」

パーマたちはただただその神々しい鼻に魅入っていた。

そう、それだけ素晴らしい鼻なのだ。
この写真ではその素晴らしさの1割の感動もお伝えできないのが残念であるが・・・・・。



午前0時が過ぎた。
道後公園のパーマたちに優雅で風流な時間が流れていた。


そろそろ酔いもまわりはじめ、パーマたちがまどろみかけたころ、どこからともなく彼は現れた。

「おぅ!コラ! ビッグパーマやないけぇ!」

c0016388_23562642.jpg
・・・・・・・・君はいったい誰だ?

イカしたパーマ、イカしたサングラス。


クリスタルキング?

ちょっとやさぐれた子門真人?


一瞬たじろいたが、パーマたちの友人であった。

まぁ、誰と明かす必要もあるまい。
彼の素性を明かすのもやぼってなもんである。

とにかく彼はやってきたのだ。

パーマの匂いに導かれて。

我々と同じくパーマを愛する彼らを交えて、さらに宴は盛り上がりを見せるのであった。
[PR]
by big_perm_project | 2005-04-12 23:45 | パーマほんわか日記

2005/04/08(fri) 花見だ。②

c0016388_23225835.jpg


まぁ、こんな危機↑を乗り越えて花見会場へ到着。

とにかくどのあたりでパーマ花見が実施されているのか。
携帯電話で連絡を取り合いながらパーマ集団を探す。



・・・・・・・・・・いた。

c0016388_2329193.jpgとにかくなんだ、遠目でもよくわかるほどのビッグパーマ。

普通のお花見客の中にパーマ満開な人達がいるのだ、そりゃ目立つだろう。

すでにビールとつまみを楽しむパーマ達。
テツヲも加わり話にも華が咲く。

そういえばこのビッグパーマとの出会いから1年以上の時が経つ。

このメンバーに落ち着くまではどうなることかと思うこともあった。

ラブ☆ジャイアンだのティモシーだの、名前もいろいろ変わった。

しかし今、我々はBigPermProject(デカパーマ企画)としてBigなパーマで花見をするまでに立派に成長したのだ!

なんと素晴らしいことか!

そんな楽しいパーマの宴は深夜まで続くのであった。

(続く)
[PR]
by big_perm_project | 2005-04-12 23:42 | パーマほんわか日記

2005/04/08(fri) 花見だ。①

春だ。 陽気な春だ。
c0016388_202558.jpg一年間、このときを待った桜たちが美しく咲き誇る春である。

桜といえばもちろん花見。

そしてパーマな連中も花見に出かけたのであった。

松山で花見といえばここ、道後公園。
集合は22時。

美しい桜が咲き乱れる道後公園。
人々の宴会もそろそろお開き、といった独特の雰囲気が漂う中、パーマの花見はスタートした。

私は少々参加が遅れていた。
仕事が長引いたのがその原因であったが、さらに到着を遅くするアクシデントが発生。

時間に間に合うように車を飛ばしていたら・・・警察に捕まったのだ。
くそっ!(怒)

1時間の遅刻の後、道後公園に着く。
ここでまたも個人的なアクシデントが。
テツヲのパーマ生命を脅かす危機一髪の出来事であった。

下図参照のこと。
c0016388_22112261.jpg

(続く)
[PR]
by Big_Perm_Project | 2005-04-12 21:29 | パーマほんわか日記